楽天

無料ブログはココログ

« 日本・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ世紀末への道 | トップページ | ラスキン生誕200年記念 ラファエル前派の軌跡展 三菱一号館美術館 »

2019年3月 4日 (月)

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美 国立新美術館

Om5

2019年3月20日~5月20日 国立新美術館
ヨーロッパにまたがる交易の要地・トルコは、多様な文化を受容・融合し、比類なき美を育んできました。
イスタンブル宮殿博物館が所蔵する宝飾品、美術工芸品を通して、花々、とりわけチューリップを愛でた宮殿の生活、オスマン帝国の美意識文化、芸術観を紹介。
オスマン帝国のスルタンと日本の皇室の交流を示す品々のほか、明治期の美術品を里帰りさせるなど、交流関係にも光を当てます。
ほとんどが初来日となる約170点の作品を通して、トルコの歴史、文化を愛でる国民性を理解する機会となります。

Om4

エメラルド製の短剣

Om3

ターバン飾り

Om1

儀式用カフタン

Om2

七宝製薔薇水入れ

観覧料 一般 1600円 大学生 1200円 高校生 800円
◆関連イベント
 講演会 3月31日 トプカプ宮殿とチューリップ文化
      4月7日 オスマン帝国皇帝のアートディレクター山田寅次郎
      4月13日 オスマン帝国の帝とイスタンブルとトプカプ宮殿
展覧会レクチャー
 4月21日
 5月8日
いずれも14時から
会場 美術館3階 講堂
定員 260名
エブル実演
3月28日、4月27日 
いずれも13時から
参加 無料

« 日本・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ世紀末への道 | トップページ | ラスキン生誕200年記念 ラファエル前派の軌跡展 三菱一号館美術館 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事