« 生誕130年 小村雪岱「雪岱調」のできるまで 川越市立美術館 | トップページ | プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光 国立西洋美術館 »

2017年12月11日 (月)

企画展「墨と金‐狩野派の絵画‐」 根津美術館

Ik5

2018年1月10日~2月12日 根津美術館

室町時代に起こった絵画の流派・狩野派は、信長、秀吉にも愛され、徳川家康により幕府の御用絵師に取り立てられる

水墨を基本としながらも、中国人画家のスタイルを整理し、「型」を作り出しやまと絵の彩色法を取り入れ,屏風絵における金の存在を強化したのも狩野派です。

 

 

 Ik1

臬鶏図

Ik2

源氏物語屏風

Ik3

両帝図屏風

Ik4

養蚕機織図屏風

同時開催

百椿図

戊戌の春

講演会

狩野派を知る見る楽しむ

1月27日 午後2時から

ハガキかホームページから申し込み

スライドレクチャー

墨と金 狩野派の絵画

1月12日 午後1時30分から

講堂 

定員130名

百椿図

1月19日 午後1時30分から

講堂

定員130名

入館料 一般 1100円 学生 800円

« 生誕130年 小村雪岱「雪岱調」のできるまで 川越市立美術館 | トップページ | プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光 国立西洋美術館 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事