« 足長ばち駆除 | トップページ | 特別展「北斎とジャポニスムHOKUSAIが西洋に与えた衝撃」国立西洋美術館 »

2017年8月11日 (金)

企画展「ほとけを支える-蓮華・霊獣・天部・邪鬼-」根津美術館

Ht5

2017年9月14日~10月22日 根津美術館

Ht4

仏教を象徴する蓮の花は、ほとけを支える台座として最もポピュラーです。

この蓮台を普賢菩薩は白象、文殊菩薩は獅子の背に載せています

蓮台を使わない尊像としては甲冑に身を包んだ四天王は

邪気を踏み

優美な女神の弁財天は蓮の華に座す例があります

さらに密教の世界になると

ほとけや台座の種類は多様になっていきます

仏教絵画の優品約40件を通して

仏教美術のシンボリズムや豊かな表現をお楽しみください

Ht3

霊獣

文殊菩薩像

 

Ht2

天部

降三世明王像

Ht1

邪鬼

毘沙門天立像す

◇関連プログラム

 講演会「ほとけを支える動物たち」

 9/30 午後2時から3時30分 根津美術館講堂

 定員 130名 事前申し込み

 スライドレクチャー

 9/15,10/7,10/20 各回午後1時30分~45分程度

 定員 130名

入館料 一般 1100円 学生 800円

問い合わせ 03-3400-2536

 

 

« 足長ばち駆除 | トップページ | 特別展「北斎とジャポニスムHOKUSAIが西洋に与えた衝撃」国立西洋美術館 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事