« 美の預言者たち‐ささやきとざわめき‐オルセーのナビ派展  | トップページ | ホルベイン オーバーオール »

2017年2月 2日 (木)

特別展 雪村‐奇想の誕生‐

B8

「ゆきむら」ではなく

「せっそん」です。

会期 2017年3月28日~5月21日 東京藝術大学大学美術館

1

15年ぶりの大回顧展

今、新たなる魅力に迫る

2

尾形光琳、加納芳崖からドラッカーまで、

大絵師、知識人を魅了した雪村芸術

3

息をのむ世界観

細部に宿る「せっそん」魂

◇首の骨が折れるくらいに仰ぎ見る顔、斜め上に向かってピンと伸びる長いひげ

足元を見渡せばギョロッとした目つきの龍

呂洞賓図に描かれる場面は、何から何まであり得ません

この作品を描いたのは雪村周継です

武士の子として生まれながら出家して

画業に専念した雪村

ひときわ革新的で、また人間味あふれる温かな水墨画を描き続けた

主要作品100件と関連作品30件で構成される最大規模の回顧展です

観覧料 一般 1600円 大学生 1200円 高校生 900円

B1

B2

B3

B5

B7

B6

 

« 美の預言者たち‐ささやきとざわめき‐オルセーのナビ派展  | トップページ | ホルベイン オーバーオール »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事