« 第6回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展 | トップページ | はがきサイズのミ二クロッキー »

2013年12月10日 (火)

こころのアトリエ日本画を描く② 静物を描く 畠中光享

Seibustu1

季刊発行

第2巻、こころのアトリエ・シリーズ A4変 104全カラー

◆特長

 写生から作品完成までを克明に密着取材

 ひとつの作品が出来上がるプロセスを追っていきます

 技法や工夫をポイントを絞ったやさしい解説で読み解きます

003

◆特長 水干で描く日本画

 日本側描く第一歩として水干絵具を使って描く日本画入門講座

 基本を学び直す上でもまたとない、やさしいが深々い骨太の

 日本画講座と言えます

◆特長 水墨画入門講座

 墨と線は日本画の原点で骨であります。

 淡墨と色はもう一つの原点で肉であります。

 真墨が日本画の中で失われてきているのは残念です

 墨と色の復権を目指して新しく水墨の講座を設けました。

005

002

◆写生と絵作りをつなぐ

 ◆絵作りに役立つ

  ◆真・日本画論

絵を勉強される方には参考になりますので、お勧めいたします

発行所

まち絵ーる社

全8巻+別巻

季刊発行 2500円+税

 

« 第6回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展 | トップページ | はがきサイズのミ二クロッキー »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第6回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展 | トップページ | はがきサイズのミ二クロッキー »