« 東野高等学校建築ツアー | トップページ | SMFアートボランティア登録のお誘い »

2010年9月11日 (土)

方丈庵・<き>がわりの假具で自在の間を楽しむ

茶室のことを囲いとも呼ぶのは

足利時代、貴族住宅で定法だった

三間四方十八帖の室を四分して

屏風で囲む茶室を楽しんだことによります。

その囲いを現代に甦らせるとどうなるか

桂離宮の大修理に携わった安井清さんが

考案した現代の方丈庵を

入間市博物館ALITのロビーに

組み立てて紹介します。

2010年9月25日

入間市博物館

« 東野高等学校建築ツアー | トップページ | SMFアートボランティア登録のお誘い »